<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なばなの里に行ったんだ。一月くらい前に。

a0004744_23141363.jpg


なんか入場料1500円で1000円の金券がついてるって言うお得感あふれる内容なんだけど
↑の花をみるのに1000円取られる罠。
いやまあ、絶対入ったほうがいいけど。
思い出したベゴニアガーデンだ。
なんかすげー花花花花の嵐って感じすげーよマジで。

行かなきゃソンソン。

なんつーかアガルタとかそんなイメージ。
とてもよかった。
とりあえず涼しかったし、飲み物のんだりできるんで、多人数で行って
数時間だべったりすると楽しいんじゃないかなーと思った。
なかなか花を見て感動するってのも無いしね。

で、さらに続き・・・。
[PR]
by youkanman | 2005-05-25 23:21 | 雑記つか日記

コレといって

今日は実にいい天気だった。
しかし書くことが無い。

サンマガもこれといってなんもなかった。
まあ間柴は負けるだろうなーとかそんくらい。

床屋にいこうと思ったら寝坊して結局お流れ、明日には行く。絶対行く。
ついでにメルブラの練習もちょこっとやってこよう。

うーん、この湿度がうっとうしいなあ、、と。
微妙にじめーっとしてる。月も少し翳ってるしな。
(;´ー`)y―~~
[PR]
by youkanman | 2005-05-25 22:56 | 雑記つか日記

五月の夜空

今日は結構曇ってて肌寒かった、まだ上着が必須ですなあっと。

で、仕事の休憩時間に外に出たんだけど、なんかこれから
夏が来るって感じじゃない、まるで秋の空のような感じで。
このまま秋が来ればいいのにーとかおもったり。

でもやっぱ秋生まれだからってのが関係あるのか知らんけど
秋の空を髣髴とさせるとちょっと見入ってしまうね。
ちょうど月も満月に近いし。
この湿気がなければ秋って言われてもわかんないかも。
下鴨神社の十五夜の薪能に今年もしいけたら行きたいなー。
休みが噛み合えばイイケドナー。


とか何とか言ってるうちに梅雨が来ちゃうんだろーなー
正月にぶっ壊れたエアコン修理しとかんとやバイなー。
(;´ー`)y―~~冬の寒い日に息を引き取ったんです…
果たして修理できるのか怪しいが…。
[PR]
by youkanman | 2005-05-25 00:34 | 雑記つか日記

歯医者に

まあ奥歯がしくしく痛むのでしょうがなく行ってきたんだけど
理由は親知らずが真横から生えてるのでそれが奥歯を圧迫して
化膿してるんだ。
ハァ・・・かれこれ二年放置してきたけどさすがに抜きどきかな・・・。
さらば親知らずまた会う日までって感じかな~
来月の連休くらいで抜いちゃおうかなーとか思ってます。
ずっとこうやってちょくちょく痛むのも嫌だしねえ…。
('A` )デモヤダナ・・・
[PR]
by youkanman | 2005-05-20 13:06 | 雑記つか日記

ふむ・・・


さっきニュースで、山にサル用のつり橋を作ったとか言ってて
なんかそれを作ることで山の移動が便利になって里に下りてくる率が減るんじゃないかとか言ってて
( ・∀・)⊃~∩ヘェーヘェーヘェー
って感じだったの。

やっぱ、サルを追い払うだけじゃなくていかにうまく
共存して行くかみたいなのって重要だよね。
まあ俺はぜんぜん自然愛好家では無いんだけど。
今の時勢にあってるよねって。

それと諫早湾の干拓の訴訟が福岡高裁で原告敗訴したんだけど
アレも早く開門しちゃえよとかおもうんだよねー。
アレこそまさに画面見てない王になれるよなー。

なンか最近真面目な日記だなー。

そういえばグインの101巻を読んだ。
100に比べるとだいぶ弱い感じだったなーとかおもう。
102に期待tってところかなー。
タイトルが超ネタばれの北の豹、南の鷹なんだけど
それって100巻のタイトルでも良かった気がするんだよねえ
と思った。

まあ読んで無い人もタイトル見れば内容は予想つくだろうから
まあいいよねっと。
ちょっと消化不良な感じ。
まあ次も来月に出るから良いかなー。
[PR]
by youkanman | 2005-05-17 23:37

読書感想その2

グインサーガ外伝:消えた女官

グインの外伝にして推理小説という異色作。
ずっと本棚の肥やしになってたんだけどようやく読んだ。

何だかんだいって結構楽しめた。
まあ昔ほどの切れ味は無いけど、栗本薫はやっぱ栗本薫だなあと。
推理小説の感想って難しいねーと。いまさらながらに思った。
内容は書けんしね。
(;´ー`)y―~~

まあ栗本薫の推理ものならぼくらの時代か絃の聖域がお勧めです。
いやほんと。

Yの悲劇

Xの悲劇に続く第二段。
日本人の選ぶNO1推理小説だそうで。
いやまあぶっちゃけXの方が良かった。
面白いは面白いけどちょっと中だるみするし、最後の解決は実にナルホド!
と言う感じだけど、Xの悲劇の方を俺は押すかなあ。
X>Y>Zの順で面白いと思う。
クイーンの作品は最後の最後まで割と淡々と話が進むので
ちょっとけだるいと思うふとは思っちゃうかもしれないけど。
ぜひガンバって読み終わって欲しいですね。
僕はZの悲劇から読んだ大ばか者なのでちゃんと皆さんXから呼んでくだせえと
思う。

Zも悪くないんだけどやっぱクイーンも年のせいかXほどの切れ味は無い感じで
惜しいという感が強いですね。
まあ今月ですでに5冊読んだし、ちょっと読書強化していこうと思ってますよ。
[PR]
by youkanman | 2005-05-09 15:39 | 色んな感想

本をいっぱい読んだ。

夜勤が一週間もあったのでたまってた本を消化したりしてた。
もちろん仕事中に。

で、何冊か読んだのでそれの感想でも。

まず一冊目。

石田衣良:うつくしい子ども

殺人犯になってしまった弟を知ろうとする兄の決意。
見たいな話。
池袋ウエストゲートパークの作者の人。
彼女から「まあ普通だったよ」と言われ内心
まあ普通って言う感想はどうなのよと思ってたけど。

「まあ普通だった」

としか言い様が無い・・・。

まあまあ楽しめました。

で二冊目

神山裕右:カタコンベ

今年、いや去年か、の江戸川乱歩賞受賞作。
まあなんというか、出版業界って今厳しいんだねという
そんな風情が伝わってくる内容でした。
かつての江戸川乱歩賞最年少受賞者の栗源薫の:ぼくらの時代
と比べちゃいかんけどね。
まあ純正推理小説の時代ってのは終わったんだねと。
内容としてはそんなつまらんこともなかったけどね。
ケイビングという洞窟探索のスポーツが主題でした。
下調べとかはかなりしてあって、やっぱリアリティは重要だなと思った。
まあ前者のうつくしい子どもと比べてそこまで大差ないので、これから羽ばたいて欲しいです。
と思いました。

で、こっからが本番の感想。

エラリィクイーン:Xの悲劇

いきなり本格推理に飛んできました。
なにしろ推理小説好きとか言ってるくせに
クイーンものは読んだことがなくて、というよりもやや敬遠していた嫌いがあるわけですが
やっと読みました。
ハーリーロングストリートと言う男が満員の路上電車の中で殺された
しかしそれは新たな殺人の序曲でしかなかった。
捜査に行き詰ったサム警視とブルーノ検事はかつて警察に見事な解決案を送ったドルリィレーンの元を訪れるのであった。

と言うような内容でした。

イヤー面白かった。エラリィクイーンは横溝正史とかも影響を受けた作家だけあって
精巧に作られたトリック、描写、そして解決への全ての素材を提示すると言う姿勢に好感が
もてました。個人的に今まで読んだ推理小説ベスト10に入るかなーと。
クイーンを今度全制覇していこうっと。そう思った。いやマジでよかった。
役者を引退し新たに探偵としての道を歩み始めたドルリィ=レーンの魅力もまたなかなかで
ぜひお勧めの一冊でした。
[PR]
by youkanman | 2005-05-09 15:26 | 色んな感想